スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



KLCに戻ります

前回のブログでは、
D2にFSHが90を超え、医師からも閉経状態と告げられ、
治療を辞めるつもりでKLCを後にしたところまで書きました。

今日のブログはその続きです。
長文ですが、お時間のある方はお付き合いください。

実はその日の夜、
翌日のD3にまたKLCを受診することを決めました。
冷静になって考えてみると、FSHが急に90超えするなんて、
カウフマンの影響としか考えられなかったからです。

そう思って、ネット検索をすると、
KLCに通っていた方のブログを見つけました。
そのブログの中では、カウフマンについて、
KLCの医師がこんなことを言っています。

 「普段からFSHが高い人や高齢の人など、卵巣機能がおちている人の場合は
  カウフマンによって状態が悪化することがあります。」(詳しくはこちら

さらに別の掲示板ではこんな記述もありました。

 「高齢者ではカウフマンは日数が長いほど、失敗する率が高くなる」

D2の受診の際は、FSHの値にショックを受け、
カウフマンのことも伝えずに退散したのですが、
明日はちゃんとそのことも伝えたうえで、
再度、医師の意見を聞くべきだと夫婦で考えました。


そしてD3。

実はKLCを休んでいた間に他のクリニックを受診し、
3周期にわたってカウフマンを受けていたことを正直に話しました。

転院していたことを告げると先生は一瞬、
ちょっとだけ嫌な顔をされたけれど、
具体的に服用した薬の量と期間、
そしてその間のホルモン検査について尋ねられたので、説明しました。

服用した薬と量については、特に強いものではないけれど、
ホルモンチェックがD3のみというのは、KLCとは大きく違うようでした。
(上のブログの方の内容ではKLCのカウフマンはD2、D7、D12のようです)
また、カウフマン2周期目後にはE2が100を超えたために、
残留卵胞ということでクリニックで穿刺したことを説明すると、
KLCではそのような場合にはうまくいく可能性があるので採卵するとのこと。
実際に、いい卵が採れ、妊娠された方もいるので、
穿刺については、もったいなかったですね、と言われました。

その後、今後のことも踏まえて、
先生はとても長い(たぶん10分くらい。KLCでは奇跡!)話をされました。

その中のポイントだけを書くと、

カウフマンというのは諸刃の剣で、
本来はホルモン値を見ながら調節し、非常に慎重に行う必要があるということ。
わたしは受けたカウフマン(細かい経過観察も無かった)が引き金になって、
最終的にFSHが悪化したことは十分に考えられること。
そういう背景があったのであれば、
治療を継続して状況が良くなる可能性もあること。
ただ、カウフマンでFSHが悪化したのは、そもそも卵巣機能が弱っていたからで、
実際どうなるかは経過を見てみないと分からないこと。

FSHが90を超えた状態では卵巣は機能していないので、
まずはピル(プラノバール12錠)を服用して、
リセット後D3のホルモン値をみることになりました。
ということで、現在ピルを服用しているところです。
(D2では21錠と言われていましたが、状況説明後のD3では12錠に修正されました)

先生からは、病院によって方針が違うので、
今後はかけもちはやめるようにと諭されました。


不妊治療をどこで受けるか決めることって、
難しいなとあらためて思った。

わたしがカウフマンをはじめる時に、通っていたクリニック(JISART系)の先生からは、
ピルは卵巣機能が低下している人には逆効果となりうるので、
カウフマンをしましょうと勧められたのでした。
そこでは、カウフマンも人によって逆効果だという説明はありませんでした。
そのうち、ひとりの医師からははっきりと、
もう一周期続ければFSHが下がるでしょう、と言われていたために、
知識不足のわたしはすっかり信じてしまったのですね。

また、わたしはこれまで、よくセントマザーのQ&Aを読んでいて、
卵巣機能が低下している患者にピルは諸刃の剣との認識があったけれど、
カウフマンは推奨されているという印象を受けてしまっていました。

 5.29 追記です:
 わたしが主に参考にしたセントマザーのQ&Aは下記となります。
 カウフマン療法の処方は血液検査の結果で違うのですか?
 ピルで、卵が採れなくなってしまった場合、もう回復しないのでしょうか?

カウフマンは諸刃の剣というKLCと、
ピルは高齢患者にとって逆効果となりうるとして、
カウフマンを勧めた前クリニック(JISART)。
結局のところ、どちらが正しいという訳ではなく、
卵巣機能が低下している患者にはどちらも逆効果となりうるということ。
そのことを事前に患者に説明して欲しかったな。
でも、実際は必ずそういう説明をされる訳ではない。
だから、今日のブログでは、
このことを(特に卵巣機能が低下している方に)伝えたいなと思って書いています。

※カウフマンを否定しているわけではありません。
 カウフマンによって、多くの方は改善されているので。
 ただ、危険性も知っておく必要があるという意味です。

また、カウフマンやピルに対する考え方だけでなく、
可能性があれば、積極的に採卵を進めていくKLCと、
いい状態をつくるまではカウフマンという、
これまで通っていた前クリニック(JISART系)、
考え方にも大きな差がありました。

転院するまでは、理想的なホルモン値に満たなくても採卵を進めるKLCに
正直、わたしは不信感がありました。
それが転院のきっかけのひとつでもありました。
でも、D3の受診の際に転院したことについての話をした際に、

 「わたしたちは、可能性があれば卵を採りにいきます」

という医師の言葉を聞いて、KLCの治療の進め方は、
ひとつの卵でも無駄にはできない、という患者を思っての方針だったのか、と
わたしの認識が変わりました。
自分が閉経の状態になってはじめて、「ひとつ」の重要さが身にしみています

一方で、これまで約半年通ったクリニック(JISART系)が、
理想的なホルモン値になるまで採卵を進めないというのも、
できるだけ高い確率での採卵をしていこうという、
患者への思いやりなのだと思います。

今思えば、わたしにとって残された時間は少なく、
低刺激で粛々と採卵を受けていた方が、実は良かったのかも知れません。
FSHが20を超えていてもカウフマンなどせずに、
誘発を試した方が良かったのかもしれません。
(実際、FSHが40越えの周期の採卵@大阪で胚盤胞が2つ育って陽性だったので)

でも、それは、結果論にすぎなくて、
少なくともKLCから一旦JISART系のクリニックに転院をしたことは、
AMHを知ることも出来てよかったと思うし、
KLCへの不信感を持った精神状態での受診をリセットするためにも、
わたしにとっては大きな意味がありました。後悔もしていません。

ただ、個人的には、
AMHが高い方のKLCからの転院は意義があると思いますが、
卵巣予備能が低い人にとっては、やはりKLCは「最後の砦」のひとつなんだなと、
「KLCが最後の砦」と言われるのはそういう意味だったんだな、と
今はそう思っています。

ということで、KLCでしばらく様子を見る予定です。
たぶん、KLCが最後の病院になると思います。

 5.30 追記です:
 KLCとセントの両方に通院された方から
 セントの治療についてコメントをいただいています。
 興味のある方はよろしければ読んでみてください。⇒「七不思議?」


↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
関連記事



テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして♪
40歳で顕微授精に挑戦しています。
KLCで結果がでず、刺激をする病院に転院したのですが、
刺激しても多くの卵胞が育たず、やはり卵巣機能が落ちている
場合は低刺激がいいのだと思い直してKLC系列の病院に
再転院して挑戦しています。
医者選びは大事だと、痛感しています。
お互い良い結果が出せるといいですね!

カウフマンとピル

はじめまして。転勤の関係でセントとKLCともに通ったことのある者です。
その経験から、ひとつ気になったことがあります。
カウフマンとピル服用とを別の治療とお考えのように読めたのですが、
低温期と高温期が分かれるか、高温期一相になるか違いはあっても、どちらも卵巣を休ませる点は同じです。
施設によってはカウフマン中の高温期でピルを使うこともあります。
D2に提案されたピル21錠は、カウフマン的に28日周期を崩さずにホルモン値を整える目的で、
同じようなピルの使い方(=21錠服用、あるいは高温期のみ短期服用)はセントにもあります。
そして、セントもKLCも、ピル<カウフマン ではなく、どちらも卵巣を休ませるという点で、
高齢にとっては諸刃の剣という考え方だと思います。
今回、ピル21錠が12錠に変更されたのは、21錠でまるまる1周期卵巣を休ませるよりは、
短期間の服用で、人工的に生理を起こさせ、卵巣リズムの活性化を目指したものだと思います。
説明が分かりづらく、ながくなってすみません。
カウフマンもピルも諸刃の剣に変わりはありませんが、
前周期までとは異なった服用で、ホルモン値が良くなるといいですね。

連投すみません

先の書き方では具体的にどこが気になったか分かりづらかったので、再投させてください。
セントではピルよりもカウフマンを推奨している、という内容箇所です。
セントで、高齢で採卵前にカウフマンを勧められた人は、私の知る限りいないです。
そもそもカウフマン自体、あまりやっている印象はなく、KLC同様、ピル中心です(PCOS等で卵がとれすぎたり、大きさが不揃いの場合)。
また、セントもJISARTの加盟病院です。
JISART系列ではどこも採卵前のカウフマンを推奨しているように思われる方もいるんじゃないかな、と思った点も気になりました。
決して非難しているのではなく、同じ悩みを抱え、挑戦する仲間が共有する情報は少しでも正確でありたい、と思って書き込みさせて頂きました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ちゃろくまさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

同じ治療でも、人によって結果が異なるので難しいですね。
KLCの先生の話では、転院後に結果が出ずに戻る患者さんは
かなり多いみたいですね。

ほんとうに、お互いいい結果を出したいですね。
焦らずにいきましょう!

>ぴょんさん

はじめまして。

ぴょんさんは、セントとKLCに通われたのですね。
貴重なご意見、ありがとうございます。

誤解のない内容にすることはわたしも大切なことだと思っています。
それで、いくつか補足・修正するつもりでいます。

「セントではピルよりもカウフマンを推奨している」

 ではなく、

「カウフマンは推奨されているという印象を受けてしまっていました」

という書き方でニュアンスを表現したつもりだったのですが、
確かにあいまいな表現で誤解を生むかもしれませんね。
こちらは、ブログを読んだ方がご自身で判断できるように、
わたしが参考としたQ&Aへのリンクをつけることにしました。

なぜセントがカウフマンを推奨しているという印象をうけたのかというと、
そのQ&Aでは下記のような表現(原文ママ)があったからなのです。

「ピルの投与には、卵胞発育に必要なホルモン(FSH、LH)の分泌が正常に戻るようにする働きがあります。しかし、ピルはカウフマン療法よりFSHやLHに対する効果が強くなりますので、排卵誘発剤に反応しなくなって卵が採れなくなる場合もあります。ピルが原因で卵が採れなくなっても、卵巣機能が消失していなければ、再び卵は採れるようになりますので、ピルではなく、カウフマン療法を1~2周期おこなった後に、もう一度排卵誘発をされてみてください。」

「排卵障害のある卵巣(特に高齢の方)では、このFSHの一連の変化が連動できず、その結果FSH値が高い値のまま次周期に突入してしまいます。このような内分泌環境では、良好な卵子の生成が妨げられてしまいます。そこで、カウフマン療法により、正常な排卵周期と同じような環境を人工的に作ってあげることで、卵巣は正常なスタートラインに立てるようになります。カウフマン療法は、基本的には卵胞ホルモンと黄体ホルモンを月経周期の前期と後期に分けて投与し、卵巣機能を正常に近づけることを意図として行います。」

これが頭にあったことと、
自分が通っていたクリニック(JISART)の先生の言葉から、
セントでも高齢患者にカウフマンは行っており、諸刃の剣としているとは思わなかったのです。
でも、実際はカウフマンをセントではあまり行っていないと思われるとのこと、
今回、ぴょんさんからいただいたコメントを読んで正直驚きました。

>JISART系列ではどこも採卵前のカウフマンを推奨しているように思われる方もいるんじゃないかな、

これも、確かにそうですよね(汗)
これまでブログでは、通っていたクリニックをKLCと区別するために
「JISARTのクリニック」と表現してしまっていたので、
誤解を与えない表現を変えようと思っています。

「同じ悩みを抱え、挑戦する仲間が共有する情報は少しでも正確でありたい」
というのは、強く同意する点ですので、今回コメントをいただいて、
素直に感謝しているので、ご安心くださいね。どうもありがとうございます。

七不思議?

早速の、丁寧かつ、やさしいお返事ありがとうございました。
たしかにセントのQ&Aを読む限り、カウフマンを積極的に行っているように思えますね。
でも、私の通院していた頃(昨年3月)も、今通っている方たちと情報を交換する中でも、
採卵前にカウフマンを勧められた方は皆無なんです。
私は勝手にセントの七不思議(汗)と命名していますが、Q&Aの回答と実際の治療では異なるところがある気がします。
カウフマン以外にも、Q&AではD3の卵胞数とホルモン値に応じて誘発を決めることが大切、と書かれているけど、
実際はホルモン値はほとんど測らないです。
私はセントにすべて診てもらっていたので、依頼して測ってもらっていましたが、私より少し上の方は
D3に来院して採血をお願いしても、「関係ない」と測ってもらえませんでした。
このように、実際に通院している者でも分からない点がいくつかあります。
悪い病院ではないんですが。

2つの病院を経験した私としても、usaさんが書かれていた、KLC転院の基準は全くその通りだと思います。
usaさんの今回の決断が、良い結果を導きだしますよう、
心より応援しています。

usaさんへ

私もカウフマン後にFSHがはね上がってしまい、しかもリセットさえしなくなって追い詰められていたので今回のお話、とっても参考になると同時に励まされました~!記事をアップしてくれたこと、とても感謝します。

>ぴょんさん

そうなのですか!
有名なクリニックなので、あのQ&Aを参考にしている人は多いでしょうね。
わたしが通っていたJISART系のクリニックはD3ホルモン測定は必須でした。
JISARTの中でも各クリニックごとに方針が違うんですね。

今回、ぴょんさんからコメントいただけて、よかったです。
ぴょんさんにも、よい結果がでますように。

>まる子さんへ

FSHが下がることを期待して行った治療で、
値が急激に悪化するのは本当にショックですよね。

リセット後のホルモン値がどうなるかまだ分からないですが…
お互いにリラックスして過ごしましょうね。

No title

usaさん、KLCに戻られたんですね。
クリニックの特徴は一長一短だと思うので
自分がどの病院の方針と合っているのか
患者が病院を選ぶことが重要だったんだと
最近特に感じます。

カウフマンについて、興味深い記述でした。
私は、いい卵が取れないのと
KLCのブロ友さん達がカウフマン後妊娠されたのもあり
カウフマンをやってもらいたいと思っていたのだけど
ずっと、提案されることもなく来ました。
リスクについて、触れられたことななかったので
大変勉強になりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ほぬさん

そうなんです、KLCに戻りました。
残念ながら、わたしの場合は転院しても同じ誘発しか道が無くて、
採卵にすすめないまま時間が経ち、ホルモン値だけが悪化してしまいました。
カウフマンの効果が出なかったのも、わたしの問題なんでしょうね。
それなら低刺激で、わずかな可能性でも採卵できるKLCでいいかなと。

でも、卵巣予備能が高くて選択肢がある方の場合は、
JISART系のクリニックでいろいろと相談しながら進めることは、
メリットがとても大きいと思いますよ。
ほぬさんは新クリニックで効果が期待できるのでは!と
勝手ながら想像しています。応援していますね。

>鍵コメさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

カウフマンはやはり、合っていない人の場合には逆効果になるのですね。
わたしたち夫婦も、西洋医学だけにたよっていてはダメだなと、
今春から代謝を上げるよう、トレーニングをしています。

ところで、わたし個人的にはFクリニックは好きでしたが、
鍵コメさんにすごく影響を与えてしまっているのでは、と少し気になっています。
クリニックの治療が人によって合う、合わないがあるので…。(汗)

鍵コメさんも治療がいい方向にすすみますよう、お祈りしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。ボリジです。(以前1度コメントさせていただきました)
1ヶ月間入院していて退院後確認したら、usaさんのブログが
復活していて、つい嬉しくてコメントしちゃいました。
今までusaさんの頑張る姿にすごく勇気づけられたし
私と年齢や治療期間が同じで、昨年同じ時期に
転院したこともあって、とても身近に感じていました。
何よりusaさんの人柄が好きです。応援してます!
私もよく落ち込んだりしますが、お互い頑張りましょう。

>ボリジさん

こんにちは。

実は、今回でコメントいただくの3度目なんですよ!
(管理画面ではお名前で検索ができるんです★)

実は最近はあんまり頑張っていなくて、
ブログの更新も治療もかなりゆる~い感じなんですが、
ボリジさんのお気持ちが少しでも軽くなっていたら嬉しいです。
お互いによい結果を祈りつつ、リラックスしてまいりましょう!

PS.
わたしの実際の性格はとっても曲者なんですけれども、
ネットではいい人っぽく見えていますか!?(゚▽゚*)♪

はじめまして

私もAMH値が低く、FSHが高いので、初めてなのですが思わずコメントを書き込みました。

私が初めてFSHを検査したとき、20以上ありました。
私の場合、20歳代で3回、卵巣の腹腔鏡手術をしていることから、
卵巣機能が低下しているようです。

でも、FSHが20以上あった周期でも採卵ができました。
2個卵が採れて、1個は途中で分割ストップしましたが、
もう一つは胚盤胞まで育ち凍結しました。

また、採卵後に「ビホープA」という薬を飲んでいたのですが、
その薬にはFSHを下げる効果もある、とドクターが言っていました。
usaさんも飲まれたことのある「ソフィアA」と同じ薬だと思います。

私は卵巣機能が低下しているので、1回の採卵で多くの卵が採れませんでした。
刺激もクロミフェンの内服で弱い刺激でした。
今までに4回採卵をし、5個の胚盤胞が育ちました。
卵巣機能が低下しているので、移植は後にして、まずは採卵をして受精卵を
複数ストックしようと考えたのです。

ごめんなさい、長々とコメントを書いてしまいました…

usaさんの記事を拝読し、一つの卵も無駄にしない、というKLCの
方針に私も賛成です。

私は2年前に凍結胚盤胞移植で双子を妊娠出産しました。
その時に移植した2つの卵のうち一つは、FSHが20以上あったときに
採卵したものです。

長々と書いてしまい申し訳ありません。
採卵を何度もするのはなかなかしんどいですが、
usaさんのおなかの中で運命の卵ちゃんが待っていてくれていると
信じています。
陰ながら応援しています。

>コウノトリさん

こんにちは、コメントありがとうございます。
低AMH、高FSHの方からの無事出産されたコメント、励みになります!

FSHが高いと絶対によくないかと言えば、そうとも限らないんですよね。
コウノトリさんもFSHが高い時に採卵された卵で無事出産されたとのこと、
わたしも結果は流産でしたがFSHが高い周期の採卵で心拍確認までいけました。

そう考えると、FSHだけを重要視して誘発するか見送るのかを決めるのは、
勿体ないことなんだなと今さら思っているところです。
残り少ない卵を無駄にしないようにしなきゃですね。
プロフィール

usα

Author:usα
結婚3年目の40才、
2009年転勤先の大阪でKLC系列クリニックにて治療開始、2010年東京に戻りKLCへ。一時期、JISARTメンバーのクリニックに転院しましたが、2011年5月またKLCに戻りました。
2011年7月、陽性判定をいただきました。
不妊治療履歴と費用はこちら
  last update 2011.7.29

最新記事

全ての記事を表示する


最近記事のRSS

カテゴリ
カレンダー & アーカイブ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
blog内検索


全ての記事を表示する

Links
加藤レディスクリニック
現在通院中の新宿のクリニック、
通称はKLC


 不妊治療はつらくない
加藤院長の著書

 もっと自然に!不妊治療
加藤院長/
竹原副院長の著書

JISART
日本生殖補助医療標準化機関。一時期こちらのメンバークリニック(都内)に通院していました。
ABC不妊治療Q&A百科事典
北九州のセントマザー産婦人科のページ。
医師が数々の不妊の疑問に答えています。
検索もできて便利、勉強になります。

妊娠しやすいカラダづくり
不妊改善ののためには、不妊治療の前に、
カラダの状態を整えることが重要。
ためになる特集やコラムが載っています。

AMH:
抗ミューラー管ホルモンを知ろう!!

「おち夢クリニック名古屋」運営のHPに
詳しい情報が掲載されています。クリニック発信の情報ですので参考になります。

ジネコ
不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド。掲示板が充実しています。
i herb.com
DHEAなどのサプリが安く個人輸入できます。
おすすめ商品
気休めかもしれないけれど、
愛用しているものです。




イスクラの婦宝当帰膠
(不妊&生理痛によい漢方)

せんねん灸 太陽
(火を使わないお灸)

Now社のピクノジェノール
(抗酸化作用のあるサプリ)

赤ちゃんができる!
ファータイル・ストレッチ
visitors
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。