スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



初診&AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査

昨日は、都内のあるクリニックを初診で訪れた。
目的はAMH(抗ミュラー管ホルモン)検査を受けること。
(今の時点で、KLCではこの検査は行っていません)

こちらのクリニックは転院の際の候補に考えているところで、
以前メールで不妊相談もさせていただいたことがある。

わたしの中では、不妊治療の選択肢となるクリニックは
大きく分けて「KLC系列」もしくは
JISART(日本生殖補助色用標準化機関)メンバー」。
これまで、KLC系列でしか治療を受けたことがないし、
その治療に対してはメリットもデメリットもあると感じている以上、
転院するとしたら、JISARTメンバーのクリニックと考えていた。

それで、JISARTメンバーから通院可能な範囲にあって、
金額的にもなんとかいけそうなこちらのクリニックを 最有力候補に考えている。
EBM(Evidence-based Medicine)=「根拠に基づいた医療」を
すすめている点も、このクリニックへの期待が大きい理由のひとつ。

ただ、まだ転院するかどうかはっきり決めていない段階なので、
先日検査だけうけることが可能かを電話確認すると快諾いただき、
昨日初診と併せて受けてきたわけです。

KLCと比べると、クリニックは小綺麗で静か。
わたしが呼ばれた先生は院長ではなかったけれど、
これまでの治療履歴について、とても熱心に聞いてくださった。
「今までのクリニックでは決まった誘発方法のみだったので」
というと、先生はすぐにKLCだということを察して、
「お考えになっていることは、よく分かります」 
そして、

AMH検査の結果によっては、他の誘発方法が適している場合もあります

とおっしゃった。
まさに、わたしが今最も気になっているのはこのことで。

検査結果、他の誘発の可能性があるようなら転院を考えている旨伝えると、
「現在のクリニックを継続されるとしても、
 セカンドオピニオンとして治療のアドバイスができると思います」
とおっしゃってくださった。

それで、昨日は安心して、AMH検査の採血を受けて帰ってきた。
検査結果が出るのは一週間後、またクリニックに行くことになっている。
クリニック開催のIVFセミナーにも予約を入れてきた。


このブログを読みに来てくださる方の中には、
現在KLCに通われている方も、これから通おうと思われている方も
いらっしゃるとおもいます。
でも、KLCを否定している訳ではないので、その点、ご理解くださいね。

わたしは、あくまでも、

 自分に本当にあった誘発方法は何か?

ということが知りたいのです。

それを知る前に、 そしてそれを試す前に
タイムアウトが来てしまったら、
お金も気力も尽きてしまったら、
自分の性格上、きっと、とてもとても後悔すると思うのです。
10年後、後悔だけはしたくない、
その気持ちが、わたしを体外受精へ強く後押ししました。
わたしの人生にとっては「後悔しないこと」がとても重要。

もちろん、
AMH検査結果が排卵誘発方法を決定づける唯一の要素ではないけれど、
でも、今は、目に見えないものよりも、データを判断材料にしたい。
もし検査の結果、卵巣予備能が低く刺激が難しいとなれば、
KLCで引き続き治療を受けることになるだろうと思うけれど、
その際も、この検査の結果は、
今後あと何回体外を受けるかを決心するのに大きく関わってくると思います。


最後に、AMH検査について。
(昨日、クリニックでいただいた検査説明からの抜粋です)

 『AMHとは発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンで、
 女性の卵巣予備能を知る指標になると考えられています。
 AMHは前胞状卵胞から分泌され、その測定値と発育卵胞の数は相関します。
 したがって、AMH濃度を測定することによって、残存する卵胞の数を測定し、
 卵巣予備能がどれくらいか推定することができます。
 FSHも卵巣予備機能の指標となるホルモンですが、
 FSHは月経周期によって大きく変動するため、
 この値で卵巣予備能を予測することは困難です。
 AMHの測定は、もっとも早く正確に
 卵巣予備能の低下を感知できる検査と考えられます。』

ちなみに、費用は7500円(税別)でした。


2011.7.5 追記
「おち夢クリニック名古屋」運営のホームページ「ママになろう!」に
AMHに関する分かりやすい情報が載っています。
クリニック発信の情報ですので、非常に参考になるかと思います。
AMH:抗ミューラー管ホルモンを知ろう!!


今日も読んでいただきありがとうございます。
↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ  にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です
関連記事



テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

セカンドオピニオン

「後悔しない」ために行動を起こすって、とても大事なことですね!
新しいチャレンジは怖さも持ち合わせていると思うけど、
未来の自分のためには重要なことですもんね。。

あたしは、最悪の事態を先に考えて怖い思いを軽減させようとする
引き算方式の考え方をしてしまうクセがあるので・・
不妊治療についても後ろ向きに考えていることが結構あります。。

まだ専門医にかかる前なのに・・(涙)
それでも、友だちの前では元気に振舞うので疲れる疲れる・・・。

今度かかる病院の先生とは相性がいいといいんですけど。。
はじめての専門医なので、期待と不安がものすごく入り乱れています。

こんばんわー

遊びにキマシタ~o(〃^▽^〃)o
usaさんのブログは、キチっとしていて、私のめちゃくちゃな感じとは正反対ですね・・(;^_^A
せかんどおぴにおん・・現在のクリニックでいっぱいいっぱいな私は無理そうですなぁ~usaさんは治療と前向きに向き合っいてすばらしいデス~見習わなきゃ~

No title

抗ミュラー管検査は私も受けたのですが・・・
数値が6.4以下・・・実年齢は29歳でも、卵巣年齢48歳の診断でした(>_<)

KLCは何かと思う所のある病院で・・・
私は転院してまだ間もないですが、あの空間のちょっと変わった雰囲気にイマイチ馴染めないと言うか・・・馴染みたくないと言うか、そんな感じです。
前の病院での治療についても、ろくに聞いてくれなかったので・・・。

ですが、低卵巣刺激法については前の病院と同じ所見でした(^^ゞ

卵巣年齢が高いので、無理にバンバン注射や薬剤を投与しても身体がボロボロになるだけ・・・。
出来るだけ少ない負担で、なるべく自然に近い誘発をする事で、質の良い卵ちゃんを一個でも良いから採る・・・。
私にはその方法しか残っていないみたいです。

抗ミュラー管検査の結果、気になります。
私の様に早発閉経症でなければ良いのですが(>_<)

Re: セカンドオピニオン

>むぅさん

チャレンジしないと、可能性はゼロ、
でもチャレンジしたら、可能性はゼロじゃなくなる!
そう思って、いつも自分を奮い立たせております!

通い始める前は不安ですよね、
どうぞ、リラックスしてすごしてね。

お友達の前でも、少しマイペースになられても
いいかもしれませんヨ。

Re: こんばんわー

>さるるさん

ご訪問ありがとうです!
わたし、楽しいブログ読むのが好きであちこち徘徊するんですけれど、
自分のブログにもどってくると笑いの要素ナシ!
チーン(南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏‥‥)って感じで、
自分でもビックリすることが多々‥。

わたし自身は、
実はキチっとからほど遠く、ユルい人間なんです~。

ふーちゃんの名前の行方が気になっている
(まだ二転三転あるのでは!?と踏んでいます)usaでした。

Re: No title

>makipuさん

KLC通い、ついに始まりましたね。
確かになんというか、KLCは工場チックですよね。
でも、あれだけの方が不妊に悩まれている現状を目にして、
自分だけじゃないんだな、って前向きになるパワーももらった気がします。

KLCでは、自分からアグレッシブにいくことが重要です!
わたし、最初はあのペースに飲まれてアワアワしちゃって、
質問のタイミング逃してモヤモヤを家に持ちかえっていたのですけれど、
こちらから食らいついて(?)いくと、
みなさん(先生も看護婦さんも)きちんと答えてくださいますので。

わたしのAMHもたぶん低いだろうと思います。
ただ、検査を受けたクリニックでは、
刺激によってダメージを受けるのは一過性のもの、
という考えもあるようなので、そこらへんも情報が入ったら、
ブログに更新していきますね。

わたしのような高齢の不妊と、
makipuさんのようにお若い方とでは、
それぞれ別の意味での辛さがあるのでしょうね。
お互い、早くいい結果を出したいですね。

No title

usaさん、はじめまして、おじゃまします。
私も、KLCから夢へ転院し、KLC系列でずっと
治療をしていますが、先日AMHの検査をしました。
違う誘発法を試したほうがいいような気がしてきて
JISARTメンバーのクリニックが気になっています。
とても感じがよさそうなクリニックですね。

AMH、いい値が出て、治療の幅がひろがりますように。
また、寄らせてもらいますね。

Re: No title

>ほぬさん

コメントありがとうございます!
時々、ほぬさんのブログは読ませていただいるので、
来てくださって嬉しいです。

KLCの低刺激はからだには良いけれど、結果が出ないとなるとなぁ~。
本来、治療は個々の患者に合わせて行うものだ、ということを考えると、
KLCとは違う治療方法で、
よい成績をだされているクリニックに、つい心が傾いてしまいます。
自分の身体の限界ともそろそろ向き合わなくては、
とも思っているんですけれど、なかなか難しいですね。

ほぬさんのブログもまた読みに行かせていただきますね。
お互い、納得のいく治療方法を見つけたいですね。
プロフィール

usα

Author:usα
結婚3年目の40才、
2009年転勤先の大阪でKLC系列クリニックにて治療開始、2010年東京に戻りKLCへ。一時期、JISARTメンバーのクリニックに転院しましたが、2011年5月またKLCに戻りました。
2011年7月、陽性判定をいただきました。
不妊治療履歴と費用はこちら
  last update 2011.7.29

最新記事

全ての記事を表示する


最近記事のRSS

カテゴリ
カレンダー & アーカイブ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
blog内検索


全ての記事を表示する

Links
加藤レディスクリニック
現在通院中の新宿のクリニック、
通称はKLC


 不妊治療はつらくない
加藤院長の著書

 もっと自然に!不妊治療
加藤院長/
竹原副院長の著書

JISART
日本生殖補助医療標準化機関。一時期こちらのメンバークリニック(都内)に通院していました。
ABC不妊治療Q&A百科事典
北九州のセントマザー産婦人科のページ。
医師が数々の不妊の疑問に答えています。
検索もできて便利、勉強になります。

妊娠しやすいカラダづくり
不妊改善ののためには、不妊治療の前に、
カラダの状態を整えることが重要。
ためになる特集やコラムが載っています。

AMH:
抗ミューラー管ホルモンを知ろう!!

「おち夢クリニック名古屋」運営のHPに
詳しい情報が掲載されています。クリニック発信の情報ですので参考になります。

ジネコ
不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド。掲示板が充実しています。
i herb.com
DHEAなどのサプリが安く個人輸入できます。
おすすめ商品
気休めかもしれないけれど、
愛用しているものです。




イスクラの婦宝当帰膠
(不妊&生理痛によい漢方)

せんねん灸 太陽
(火を使わないお灸)

Now社のピクノジェノール
(抗酸化作用のあるサプリ)

赤ちゃんができる!
ファータイル・ストレッチ
visitors
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。