スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



確率について思うこと

(陽性判定後の記事です。
 不快に感じられる方はスルーでお願いします)


前回ほんとうにたくさんのコメントをいただきました。
とてもうれしかったです。どうもありがとうございます。

いただいたコメントの多くに、
「勇気」とか「希望」とかその類の言葉が多く見られました。
今日はそんな概念と関係ある(かもしれない)話を書こうかと。

ただ、長文なのと、
わたしの生い立ちに関する話になるので、
興味の無い方はスルーでお願いします。



わたしの今回の移植について、
KLCから下された総合評価別妊娠率は「D」でした。
「D」というのは、妊娠率が20~34%で、
5段階評価の下から2番目、確率は低い方です。

でも、移植当日のブログに書いた通り、
わたしはそのこと自体はあまり気にならなかった、
それには、過去の経験からのある理由がありました。

以前ブログで、
わたしは子どものころに癌になったことを書いたことがあります。

今は死亡率はぐっと減ったのですが、
わたしが発症した80年代、その特定の癌の生存率は
あまり高いものではありませんでした。

医師はわたしの両親に、
10年後の25歳までわたしが生存する確率は
50%だと伝えたそうです。

わたしは大がかりな手術を控えてしていましたが、
その手術を受けても10年後の生存率は50%、
そしてそこは旧帝大の付属病院だったのですが、
たとえ、アメリカで最新医療を受けてもその確率は変わらない、と。

数年後、その病院から自宅に電話がかかってきたそうで、
(他府県に引っ越ししていたため、経過観察は他の病院で受けていました)
直接その言葉ではなかったけれども、
それは、生存率調査のための消息確認の電話だったようです。

その時わたしは大学生で、
大学の交換留学でアメリカの大学に編入していました。
電話に出た母が、娘は元気で今は留学中だと告げると、
医師はとても驚き「奇跡の子です」と言ったそうです。

つまり、当初、親に伝えていた50%という確率は、
実はもっとずっと低いものだったのでしょう。
わたしは、一度別の臓器に転移もしていたので、
余計に、見込みがないと思われていたのかもしれません。

その後、わたしは帰国して就職し、
25歳になった時にはじめて親から、
実は、25まで生きる可能性が50%と医師から言われていたこと、
わたしの不在時に医師から電話があって、
留学しているなんて「奇跡」と言われたことを知らされました。

母は、
「あれから10年経って、
この病気が直接の原因で死亡することはないと言われたので教えてあげるね」
と。

もっと言うと、
わたしはその時に初めて自分の正式な病名を知らされました。
きっと医師と相談したのでしょう、まだ中学生だった私には、
聞いたことのない、似た病名が告げられていました。
抗がん剤で髪の毛が無くなってしまったり、
よく考えれば癌だと分かりそうなものです。

でも、当時わたしも医学書で調べたのですが、
医師のアイデアのその病名はそこそこ深刻なものだったし、
周りの演技のお陰で、すっかり信じきっていました。

この日以来、
わたしの中で「確率」に対する捉え方が変わりました。
良くも悪くも、99%と言われた時には逆の1%があって、
最終的にそのどちらに自分が入るかは結果が出るまで分からない。
自分の努力でなんとかなるならそのための努力はするけれど、
そういうのとは関係のないところで決まってしまうこともある。
そんな時に、確率に振り回されるのはなんだか意味のないことだなと。

また、病名をずっと知らなかったことからは、
「病は気から」は一理あるのかなと思うようになりました。
もし、15歳のわたしが、
あなたは「○○という癌で、あと10年生きる確率は50%です」
と告げられていたとしたら、
もしかしたら、メンタル的に参ってしまって、
今こうしていられなかったのではないかと思うのです。
知らなかったから、暢気にすごしていられた。
暢気にそごせていたからこそ、生き延びているのではと。
(余命○年、の場合は、告知したほうがよい場合もありますが)

まとまりのない文章ですが、こんな訳で、
確率にとらわれてネガティブになることはもったいないし、
いい精神状態を保った方が、いい結果に繋がりやすいのでは、
と考えるようになったのです。

ただ、メンタル頼みだけではなく、
もちろん健康な肉体を保つこと(そのための努力)も
同じくらい大切だなと考えています。

それにしても命の保証ができないとされていた期間に、
娘を遠くアメリカに送りだしてくれた両親、特に母、
(後日談では、反対する父を母があの子の人生のため、と説得したらしい)
なんかすごいなぁ、とあらためて感謝する今日この頃です。

 *     *     *

ところで、このブログですが、
不妊治療に関する内容をメインに記すために始めたもので、
今後の細かい経過や体調の変化については、
今のところ更新を予定していません。
更新が無い=順調とご理解ください。

無事KLCを卒業した日には、そのご報告をもって
このブログは終わりにしたいと考えています。

それまでの間は、
今回の記事のように、引き続き、
不妊治療について思うことや
治療のまとめについて更新するかもしれません。

もうしばらくの間、
こちらのカテゴリでお付き合いいただけるとうれしいです。

今後残念な結果になってしまった時には、
また戻ってくるかもしれませんが、
その時はそっと見守っていただけたらと。

全てのベビ待ちの方に妖精が舞い降りますよう
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
マタニティーブログランキング
  


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

usα

Author:usα
結婚3年目の40才、
2009年転勤先の大阪でKLC系列クリニックにて治療開始、2010年東京に戻りKLCへ。一時期、JISARTメンバーのクリニックに転院しましたが、2011年5月またKLCに戻りました。
2011年7月、陽性判定をいただきました。
不妊治療履歴と費用はこちら
  last update 2011.7.29

最新記事

全ての記事を表示する


最近記事のRSS

カテゴリ
カレンダー & アーカイブ
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
blog内検索


全ての記事を表示する

Links
加藤レディスクリニック
現在通院中の新宿のクリニック、
通称はKLC


 不妊治療はつらくない
加藤院長の著書

 もっと自然に!不妊治療
加藤院長/
竹原副院長の著書

JISART
日本生殖補助医療標準化機関。一時期こちらのメンバークリニック(都内)に通院していました。
ABC不妊治療Q&A百科事典
北九州のセントマザー産婦人科のページ。
医師が数々の不妊の疑問に答えています。
検索もできて便利、勉強になります。

妊娠しやすいカラダづくり
不妊改善ののためには、不妊治療の前に、
カラダの状態を整えることが重要。
ためになる特集やコラムが載っています。

AMH:
抗ミューラー管ホルモンを知ろう!!

「おち夢クリニック名古屋」運営のHPに
詳しい情報が掲載されています。クリニック発信の情報ですので参考になります。

ジネコ
不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド。掲示板が充実しています。
i herb.com
DHEAなどのサプリが安く個人輸入できます。
おすすめ商品
気休めかもしれないけれど、
愛用しているものです。




イスクラの婦宝当帰膠
(不妊&生理痛によい漢方)

せんねん灸 太陽
(火を使わないお灸)

Now社のピクノジェノール
(抗酸化作用のあるサプリ)

赤ちゃんができる!
ファータイル・ストレッチ
visitors
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。