スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今朝のできごと

今朝のはなしです。

道を歩いていると、車でパンを売るパンやさんに遭遇。
コッペパンに力を入れているということなので、
試しにひとつ買ってみました。

その販売の車、不思議なことにトラックとかじゃなくてなぜか自家用車。
しかも車内の後ろのシートで買ったパンを食べることもできる。

他にも座って食べている人がいたので、
わたしも一緒に後ろのシートに座らせてもらって、
早速自慢のコッペパンにかじりつきました。

ところが、そのパンの固いのなんのって!
端っこのところをかじったら全然ちぎれないのです。
見た目は柔らかそうなのに、実際はカチカチで、フランスパンよりずっと固い。
でもかじりついたパンを口から出すわけにもいかず、もう一度かじりつく。



しかし、固くて。
全く歯が立たない。




と、ここで目が覚めました。わたしときたら、
口にくわえた体温計を必死でガリガリとかじっていた。

ああ、
ここで目が覚めて本当によかった。
体温計が水銀のじゃなくてよかった。
そして、壊れなくてよかった。
歯も折れなくてよかった。(しばらく前歯が痛かったけど)

笑うかと思って夫に話したら、
毎朝おかしな報告をするので、少し呆れていた。
おとといもわたしは、部屋でパンダの親子を飼っていたし。

みなさまも寝ぼけながらの婦人体温計にはお気を付けください。
(って、こんなのわたしだけか


↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
 


関連記事

22年度の不妊治療費 と 思うこと

今年もやってきました、この季節。
2007年に夫の転勤を機に会社を辞めてから、
今年で4年目の確定申告です。

わたしは今は専業主婦だけど、
実は独身時代に自分用に購入したマンションがあり、
今はその家賃収入があるために、確定申告が必要。

オンラインのe-taxで申告をしているので、
医療費控除のために明細を入力しなくてはならないのだけれども、
22年度分の不妊治療に関する領収書の束の分厚いこと分厚いこと。
他にもモロモロの通院分の領収書があって、
これ全部入力するの面倒だなぁ・・・と思っていたけれど、

もしや体外の費用だけでも課税ゼロになるのでは?

と、まずは大きな項目だけ入力してみると、
やはり、そもそも不動産収入が大した額ではないので、
体外・顕微の費用だけで医療費控除額が大きくなり、
非課税となりました。(ホッ!※注

今年の体外受精の費用をざっくり見てみると
体外はKLCで4回、現クリニックで1回で以下の通り

 KLC 1回目 334,661円
 KLC 2回目 245,474円
 KLC 3回目 256,688円
 KLC 4回目 271,178円
 現C 1回目 228,790円(採卵のみ、診察、検査、注射などは除く) 

 〆て 1,336,791円なり

細かい費用を入れると、もっとかかっているんだけれどね。
しかも、一度も移殖に至らずにこの金額なので、
本当にずしりと重い金額です。

ところで、わたしがマンションを購入したのは20代後半。
わたしは幼いころに癌になり何度も手術をしていたので、
こんな自分が将来結婚できるとはずっと思っていなかった。
それで、将来困らないようにと早々に覚悟を決めて住処の確保をしたのです。

今思えば、20代女子には随分と大きな買い物だったなぁ。

でも、あれから10年後、縁あって結婚することができた。
子どもには恵まれないけれども、
あの時の不安定な気持ちの自分に比べたら、
今は本当に幸せな毎日だ。

先月そのマンションのローンも完済したので、
これからは家賃収入がまるまる手元に残ることになる。
20代、30代と頑張って働いた過去のわたしが、
今のわたしに不妊治療がんばってと経済支援してくれているみたいな、
そんな不思議な感じがする。

夫の帰りを待ちながら確定申告のデータの送信を終え、
そんなことをぼんやり考えるバレンタインデーの夜です。

このブログを見てくださったほぬさんから親切なコメントをいただきまして、
 わたしの確定申告での医療費控除を削除し、
 所得の多い夫の方で控除申請をしなおしました。
 わたしは少し課税ですが、夫の税金の還付額の方が多く結果プラスに。
 ほぬさんホントにありがとう


↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
 


関連記事

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

カウフマン療法 進行中

リセット後に高FSHだったので、
今周期は採卵をお休みしてカウフマン中。
先週末からは薬が追加になり、治療の後半に入った。

カウフマン療法は正常なホルモンバランスを再現するために、
前半は卵胞ホルモンのみを投与し、
続いて卵胞ホルモン+黄体ホルモンを投与する治療。
卵巣機能を活性化させ、自然排卵が促進されることを期待して行うものです。

わたしが今回処方されたのは、
まずプレマリン0.625mgを一日2錠10日間、
その後プレマリン0.625mg、ヒスロン5mgをそれぞれ2錠ずつ10日間。

実はKLCに通っていた時、
お休み周期にカウフマンを希望したことがあるのだけれど、
その時には先生に、

「ピルでいいと思います」

と、カウフマンの希望は流されてしまったことがあるので、
カウフマンを一度試したかったわたしはちょっと嬉しい。

カウフマンは効果がないからとKLCでは最近ではあまり行わないと
掲示板かブログ何かで読んだことがあったので、
その時は強くお願いはしなかったけれども、
その時にピルを2周期処方されてリセット後のホルモン値は
とても、悪かったのよね…。(異常にホルモン値が下がってしまった

セントマザーのHPには、卵巣機能を調整することを目的として、
カウフマン療法やピルを処方する、と書いてあって、でも、
高齢の人の場合はピルでの調整が逆効果になる可能性があるとも書かれている。
わたしはまさに、その逆効果な人だったらしい。

病院によって、やっぱり治療は少しずつ違うね。

今のところ目立った副作用はなし、ちょっとお腹が張っているくらい。
カウフマンで卵巣がやる気になってくれるといいんだけれど。


↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
 


関連記事

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

usα

Author:usα
結婚3年目の40才、
2009年転勤先の大阪でKLC系列クリニックにて治療開始、2010年東京に戻りKLCへ。一時期、JISARTメンバーのクリニックに転院しましたが、2011年5月またKLCに戻りました。
2011年7月、陽性判定をいただきました。
不妊治療履歴と費用はこちら
  last update 2011.7.29

最新記事

全ての記事を表示する


最近記事のRSS

カテゴリ
カレンダー & アーカイブ
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
blog内検索


全ての記事を表示する

Links
加藤レディスクリニック
現在通院中の新宿のクリニック、
通称はKLC


 不妊治療はつらくない
加藤院長の著書

 もっと自然に!不妊治療
加藤院長/
竹原副院長の著書

JISART
日本生殖補助医療標準化機関。一時期こちらのメンバークリニック(都内)に通院していました。
ABC不妊治療Q&A百科事典
北九州のセントマザー産婦人科のページ。
医師が数々の不妊の疑問に答えています。
検索もできて便利、勉強になります。

妊娠しやすいカラダづくり
不妊改善ののためには、不妊治療の前に、
カラダの状態を整えることが重要。
ためになる特集やコラムが載っています。

AMH:
抗ミューラー管ホルモンを知ろう!!

「おち夢クリニック名古屋」運営のHPに
詳しい情報が掲載されています。クリニック発信の情報ですので参考になります。

ジネコ
不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド。掲示板が充実しています。
i herb.com
DHEAなどのサプリが安く個人輸入できます。
おすすめ商品
気休めかもしれないけれど、
愛用しているものです。




イスクラの婦宝当帰膠
(不妊&生理痛によい漢方)

せんねん灸 太陽
(火を使わないお灸)

Now社のピクノジェノール
(抗酸化作用のあるサプリ)

赤ちゃんができる!
ファータイル・ストレッチ
visitors
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。