スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



KLCからの転院に伴い

昨日のブログに書きましたが、
KLCから、
JISARTのメンバーになっているクリニックに転院しました。
都内に4つあるクリニックのいずれかです。

それに伴い、ブログのタイトルを

「KLC 通院備忘録」から「usaの不妊治療備忘録」

に変更しました。

治療はいよいよラストスパート、
あと3回の採卵、新クリニックで新たな気持ちでがんばります。

これからもブログ応援よろしくお願いします。


↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ  にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
ブログ村 マタニティーブログランキングに参加中です


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

新しい扉を開けて

次の採卵周期に向けて、
今日は、リセット前の高温期の診察を受けてきた。

KLCでは採卵周期の診察開始はリセット後のD3。
なのに、リセット前から診察が始まるということは、

そう、わたしが訪れたのは新しいクリニック。
AMH検査とセカンドオピニオンを受けた施設に今日から通院開始です。

先日の検査の結果、AMH値が極端に低いことが分かったので、
転院したところで、基本的にはKLCと同じマイルドな誘発、
誘発方法が劇的に変わるわけではない。

でも、夫と相談して、転院することに決めました。

なぜなら、

身体の状況をもう少し細かく診てもらい、
きちんと把握してもらったうえで、
治療方針を決めてもらいたいという思いがあったから。

たとえば、
新しいクリニックではリセット前にも、D3にも内診がある。
リセット後の採卵周期の方針を決めるために、
JISARTメンバーの多くのクリニックでは
D3の内診(前胞状卵胞チェック)は重視しているようです。

KLCだとD3で血液検査の結果がよっぽどでなければ、
前胞状卵胞の状況にかかわらず(D3の内診はない)、
自動的にセロフェン服用がスタートしてしまう。
素人考えかもしれないけれど、
わたしのように卵巣予備能が低い人はなおさら、
D3の状況によっては誘発を見送るという選択もあるのではと思う。

そしてもうひとつ目の理由は、精神的なもの。
KLCの先生方に嫌いな人なんていなかったけれど、
むしろ、みんなどっちかというと好きだったけれど、
でも毎回クルクル先生が変わって忙しくて機械的で、
どこか安心感に欠け、それがわたしには合わなかったと思う。
以前大阪で通っていた病院と同規模のクリニックに戻りたいなと。

そんなわけで、
今日新しい扉を開けてきたのです。

ってね、
わたしが妊娠しないのはKLCのせいじゃなくて、
わたしの身体の問題だってことは自分が一番よく分かっているんです。
でも、終わりを決めてのぞむ治療には、
自分なりの納得がやっぱり必要、ってことで。

ブログのタイトルも
ちょっと変更しなきゃです。

長くなったので、今日の診察は後日アップします。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ  にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
ブログ村 マタニティーブログランキングに参加中です


関連記事

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

今日も検査薬は真っ白で

採卵をお休みしている今周期、
わずかな可能性にかけてタイミングでもとろうかと、
D12から排卵検査薬を試しているのだけれど、
D17の今日も判定の窓はまっしろけ。

ん~。
やっぱり自力じゃ排卵できないかぁ・・・。

今年の春に腹腔鏡下術を受けて、
片方の卵管は修復不能だったけれど、
もう片方の卵管はきれいにしていただいた。
執刀医からは自然妊娠の可能性もゼロじゃないとの説明。

ただ、排卵は左右の卵巣から交互におこるわけじゃないので、
機能している卵管側からの排卵がいつになるかは分からない。
ということでひとつの卵管での受精の可能性は低いんだけれど、
もしかして!なんてちょっぴり期待していたのよね・・・。

でも、左右どっちかなんて以前の問題で、排卵しないっぽい。

まぁ、こういう結果は予想していたので、
今の状況が明らかになったことをヨシとして、
来周期からまた体外の治療に入ろうかと思っています。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ  にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
ブログ村 マタニティーブログランキングに参加中です


関連記事

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

usα

Author:usα
結婚3年目の40才、
2009年転勤先の大阪でKLC系列クリニックにて治療開始、2010年東京に戻りKLCへ。一時期、JISARTメンバーのクリニックに転院しましたが、2011年5月またKLCに戻りました。
2011年7月、陽性判定をいただきました。
不妊治療履歴と費用はこちら
  last update 2011.7.29

最新記事

全ての記事を表示する


最近記事のRSS

カテゴリ
カレンダー & アーカイブ
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
blog内検索


全ての記事を表示する

Links
加藤レディスクリニック
現在通院中の新宿のクリニック、
通称はKLC


 不妊治療はつらくない
加藤院長の著書

 もっと自然に!不妊治療
加藤院長/
竹原副院長の著書

JISART
日本生殖補助医療標準化機関。一時期こちらのメンバークリニック(都内)に通院していました。
ABC不妊治療Q&A百科事典
北九州のセントマザー産婦人科のページ。
医師が数々の不妊の疑問に答えています。
検索もできて便利、勉強になります。

妊娠しやすいカラダづくり
不妊改善ののためには、不妊治療の前に、
カラダの状態を整えることが重要。
ためになる特集やコラムが載っています。

AMH:
抗ミューラー管ホルモンを知ろう!!

「おち夢クリニック名古屋」運営のHPに
詳しい情報が掲載されています。クリニック発信の情報ですので参考になります。

ジネコ
不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド。掲示板が充実しています。
i herb.com
DHEAなどのサプリが安く個人輸入できます。
おすすめ商品
気休めかもしれないけれど、
愛用しているものです。




イスクラの婦宝当帰膠
(不妊&生理痛によい漢方)

せんねん灸 太陽
(火を使わないお灸)

Now社のピクノジェノール
(抗酸化作用のあるサプリ)

赤ちゃんができる!
ファータイル・ストレッチ
visitors
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。