スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



わたしの事情

今日は少し重たい話です。
明るい記事が読みたい方は、スルーしてくださいね。


             


わたしが今、妊娠を望むうえで最も心配していること、
それは、早発閉経になるのではないかということ。

今周期もあまりかんばしくない卵胞の成長。
いつまで、卵子が作られるのか不安になる。

まだ40才でしょ、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
わたしも、最初は卵管因子不妊との診断で、
その点さえ解決されればなんとかなると思っていたので。

でも、その後、不妊について調べていくと、
わたしが過去に患った病気の治療と不妊との間に、
因果関係があることがわかったのです。
(ややこしいので、プロフィールには記載していません)

中学生の時に見つかった病気で、
もうあれからずいぶん経っているというのに、
数年間にわたって使用していた強い薬には、
早発閉経の副作用があるということ。

 「(その薬の使用により)
  妊孕能の早期消失や早発閉経が懸念されるので、
  長期の避妊は好ましくない」

そっか。

誰もこのことをわたしに教えてくれなかったな。

わたしが生き延びて、結婚して、
子どもを望めるようになれるとは、
みんな思っていなかったのかな。
それとも、20年以上先に分かるかもしれない副作用は、
子どもが自分で調べなくてはいけなかった?
当時は治療でいっぱいいっぱいでそんな余裕がなかった。
大人になってから、確認するべきだった?
病気の苦労は一生分したからあとは安泰、と油断したのが
間違いだったのですね・・・。

このことを知った時のショックはかなりのもので、
封印したはずの「なんでわたしだけ」の感情が久しぶりにあらわれて、
大泣きして、何の罪もない夫に八つ当たりしてしまった。
(夫よ、申し訳なかった。「なんでわたしだけ」は固く再封印したので許して。)


その後、 卵管水腫の手術を受けた病院の婦人科で尋ねてみると、
やはり薬には細胞の成長を止める働きがあり、その副作用があるとのこと。

 ・子どもに投与した場合、子宮が育たず小さいままの人がいる
 ・早発閉経の可能性がある

子宮の大きさについては問題ないことがわかったけれど、
早発閉経については分からない。

昨年は胚盤胞にまで育った卵子なのに、
今年になって、ぱったりといい結果が出なくなったのは、
副作用がしのびよってきているからなのか、
どこまで病気はわたしにつきまとってくるのかと悲しくなる。

病気のことも体外のことも、仲の良い友達は知っているけれど、
副作用の可能性については、救いがない話のため夫以外には相談できず。
自分の中でモヤモヤとしており、今朝から気分が落ちていました。


と、ここまで書いたのを読み返してみれば、
これって、「なんでわたしだけ」のカタマリですね。(封印、封印。) 
理由が何であれ、子どもをのぞんでいるのに恵まれない、
不妊であることや不妊治療が辛いのは、皆一緒なのだ。

今この場で、ガス抜きしたので、
また、次回からは、明るいトーンでまいります。


↓ 今日も、読んでいただきありがとうございます。
 クリックいただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

usα

Author:usα
結婚3年目の40才、
2009年転勤先の大阪でKLC系列クリニックにて治療開始、2010年東京に戻りKLCへ。一時期、JISARTメンバーのクリニックに転院しましたが、2011年5月またKLCに戻りました。
2011年7月、陽性判定をいただきました。
不妊治療履歴と費用はこちら
  last update 2011.7.29

最新記事

全ての記事を表示する


最近記事のRSS

カテゴリ
カレンダー & アーカイブ
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
blog内検索


全ての記事を表示する

Links
加藤レディスクリニック
現在通院中の新宿のクリニック、
通称はKLC


 不妊治療はつらくない
加藤院長の著書

 もっと自然に!不妊治療
加藤院長/
竹原副院長の著書

JISART
日本生殖補助医療標準化機関。一時期こちらのメンバークリニック(都内)に通院していました。
ABC不妊治療Q&A百科事典
北九州のセントマザー産婦人科のページ。
医師が数々の不妊の疑問に答えています。
検索もできて便利、勉強になります。

妊娠しやすいカラダづくり
不妊改善ののためには、不妊治療の前に、
カラダの状態を整えることが重要。
ためになる特集やコラムが載っています。

AMH:
抗ミューラー管ホルモンを知ろう!!

「おち夢クリニック名古屋」運営のHPに
詳しい情報が掲載されています。クリニック発信の情報ですので参考になります。

ジネコ
不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド。掲示板が充実しています。
i herb.com
DHEAなどのサプリが安く個人輸入できます。
おすすめ商品
気休めかもしれないけれど、
愛用しているものです。




イスクラの婦宝当帰膠
(不妊&生理痛によい漢方)

せんねん灸 太陽
(火を使わないお灸)

Now社のピクノジェノール
(抗酸化作用のあるサプリ)

赤ちゃんができる!
ファータイル・ストレッチ
visitors
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。