スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



診察日 結果確認と今後

昨日は、
今周期の結果確認と今後の治療のことで、
クリニックへ行ってきた。

採卵できた1個は実は未熟だったそうで、
成熟させて顕微をしたが受精しなかったとのこと。

KLCの4周期目の時も、
採れたひとつは未成熟で顕微となったけれど、
やっぱり受精しなかったな。

今回の誘発は弱い誘発なので、
夫婦が希望すればリセット後すぐの周期から
誘発を始められます、と先生。

極度の低AMHなので、あまり間を開けずに早めに詰めて治療した方が良いか、
またカウフマンをすることによって効果を期待できるかを質問すると、

わたしの場合は低空飛行しているような状況なので
2、3ヶ月空けたところで、急激に悪くなるわけではないとのこと。
(もう、充分に悪い状態なので)

カウフマンについては、
次周期FSHが20を超えるようであればやるかもしれないが、
卵巣機能が低い人の場合は効果が出ない場合もあるので、
やった方がいいとは言い切れないとのことだった。

次周期、いつから始めるかについては
リセットしてから考えようかな。

ところで、
今のクリニックで受けた体外受精学級で、
40才以上の女性の卵子で正常なのは15%程度との説明を受けた。
だから、やっぱり複数採卵できることはとても重要なのだ。
もちろん個人差があるから、40才以上でも採れる方はいるけれど、

AMH値が1.8のわたしは50才レベルだから、もっと悪い。
40才になってからの採卵結果は
未熟1個→成熟1個→未熟1個、厳しい状況です。

そして、運よく正常卵が採れたとしても、
40歳で着床する割合、流産する割合を考慮すると、
1回の体外で出産できる確率ってほんの数パーセント。

確率がすべてではないけれど、少し、気が遠くなる。
高齢で妊娠・出産することの難しさを再認識させられる。

このところ、
わたしたち夫婦は少しずつ冷静になってきています。

残念な結果から数日たって、
今は、楽しいことをあれこれ考えています。
治療を終えたら新居をかまえようかとか、
そしたら猫を飼おうかとか、そんなことをね。


でも、夫婦で決めた期限まであと2回、希望を捨てずにがんばります。
↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
 


スポンサーサイト

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

胚の中間報告メール

お昼すぎ、パソコンを開くと、
クリニックからのメールが届いていた。

今回、卵胞の育ちも良かったから、
少し期待していたんだけれども、

メールには、
残念な結果が書かれていた。

 「受精は確認できませんでした」

何度もメールを読みなおした。
そっか。顕微でも受精しなかったか。

治療を始めてから、結果は悪くなる一方。
悲しいけれど、
これがわたしの身体の状態だということを、
正面から受け止めなくてはいけないんだね。


でも、夫婦で決めた期限まであと2回、がんばります。
↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
 


テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

D14 採卵日

今日はKLCから転院後の新クリニックでの初採卵。

麻酔を使うということで、前日の夜から絶食して、
今朝はクリニックに8時に到着。

着替えるとすぐに呼ばれて、採卵の部屋に移動、
点滴から麻酔を入れてまもなく意識がなくなり、
名前を呼ばれて目を覚ますと、採卵は終わっていた。

そして、意識もうろうとする中ベットに移動。
ここまでは、ほんとうにあっという間だった。
たった一つの採卵のために麻酔をするのもなぁ・・・
と思っていたけれど、
寝ているうちに全部終わるのはストレスが無くていい。

でも、肝心の結果を聞くまでの時間が、長かった。

無麻酔のKLCでは採卵中に大体の状況を把握できた。
採卵数が書かれた紙もすぐにもらえたので、
確定数もすぐ知ることができた。

それに比べると
今回はとっても落ち着かない、長い長い待ち時間。

麻酔からはすぐに目が覚めたので、
それからベッドでモヤモヤとして待つこと3時間。
お昼をまわった頃にやっと、
看護師さんから起きて着替えるように指示があった。

その後、消毒と内診で異常がないことを確認し、
診察室に呼ばれて、結果を告げられました。

 「他にもないか探したんですけれどね、
  やっぱり1個だけでしたね」

ということで、
唯一育っていた卵胞から、
無事、ひとつ 採卵できたようです。

 よかった。

いつ排卵が無くなるかも知れないわたしにとって、
ひとつだって、とっても貴重だ。

この貴重なひとつは大事にしなきゃいけないので、
先生のご提案で、ふりかけではなく顕微です。
ひとつということで今後どうなるか分からないけれど、
結果が出るまでは待ってくださいね、と先生。
次回の診察の予約を入れて、1時過ぎに病院を出た。

ん?
3時間以上、ベットで寝ていたけれど、
終わる時間はKLCと変わらないのね。
(KLCの待ち時間の長さを再認識)

このクリニックでは次回診察の前に、
卵の状態、受精および分割の状況を
メールで報告してもらえるとのことで、
帰宅後、早速メール登録をした。

電話で受精、分割の確認をするよりは、
メールで来る方が少し、気が楽な気がします。

しばらく、のんびり、待つことにします。
いい結果が出ることを祈りながら。


 ◎今日のお会計:210,000円 (採卵~凍結)
 ◎今日のお会計: 63,000円 (顕微授精代)
 ◎今周期費用 : 71,290円 (採卵までの診察、検査、注射、薬代)

 ◆今周期累計 :344,290円 (初回のみの検査代は除く)

※11.30 その後残念ながら移植に至らず、移殖代115,500の返金。累計金額訂正しました。
 ◎今周期累計 :228,790円 


訪問ありがとうございます。
↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
 


テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

usα

Author:usα
結婚3年目の40才、
2009年転勤先の大阪でKLC系列クリニックにて治療開始、2010年東京に戻りKLCへ。一時期、JISARTメンバーのクリニックに転院しましたが、2011年5月またKLCに戻りました。
2011年7月、陽性判定をいただきました。
不妊治療履歴と費用はこちら
  last update 2011.7.29

最新記事

全ての記事を表示する


最近記事のRSS

カテゴリ
カレンダー & アーカイブ
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
blog内検索


全ての記事を表示する

Links
加藤レディスクリニック
現在通院中の新宿のクリニック、
通称はKLC


 不妊治療はつらくない
加藤院長の著書

 もっと自然に!不妊治療
加藤院長/
竹原副院長の著書

JISART
日本生殖補助医療標準化機関。一時期こちらのメンバークリニック(都内)に通院していました。
ABC不妊治療Q&A百科事典
北九州のセントマザー産婦人科のページ。
医師が数々の不妊の疑問に答えています。
検索もできて便利、勉強になります。

妊娠しやすいカラダづくり
不妊改善ののためには、不妊治療の前に、
カラダの状態を整えることが重要。
ためになる特集やコラムが載っています。

AMH:
抗ミューラー管ホルモンを知ろう!!

「おち夢クリニック名古屋」運営のHPに
詳しい情報が掲載されています。クリニック発信の情報ですので参考になります。

ジネコ
不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド。掲示板が充実しています。
i herb.com
DHEAなどのサプリが安く個人輸入できます。
おすすめ商品
気休めかもしれないけれど、
愛用しているものです。




イスクラの婦宝当帰膠
(不妊&生理痛によい漢方)

せんねん灸 太陽
(火を使わないお灸)

Now社のピクノジェノール
(抗酸化作用のあるサプリ)

赤ちゃんができる!
ファータイル・ストレッチ
visitors
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。