スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



妊娠するために

(陽性判定後の記事です。
 不快に感じられる方はスルーでお願いします)


わたしの治療履歴を見かえしてみると、
2010年は6回の採卵周期が全て未熟OR分割停止で早期に終了してしまったのに対し、
2011年は2回採卵し、2回とも胚盤胞凍結に至っており、
明らかに2010年と2011年とでは成績に差が見られます。

そのため、コメントでご質問もいただきました。

今日は、状況が改善した理由として、
考えられることをまとめたいと思います。
主観的なものですので、ご参考までに。


【半身浴の継続】 (2010年10月くらい~移植日まで)

 毎晩、30分以上の半身浴を半年以上続けてきました。
 入浴前にまずコップ一杯の水を飲んで、
 お風呂の中でも500ml無糖ノンカフェインの飲み物を飲んでいました。
 春前から、驚くほど(恥ずかしいほど)汗かき体質になりました。
 代謝は確実に良くなったと思います。



【筋トレと有酸素運動の開始】 (2011年4月~移植日まで)

 ストレッチは以前からやっていましが、
 今年の4月から週3ペースで筋トレと有酸素を始めました。
 詳しくはこちらの記事にも書きましたが、  
 筋力トレーニングや有酸素運動は
 代謝アップ、免疫力向上、老化防止などの他に、
 DHEAの分泌量が増やすのだそう。
 結果、基礎体温が整いホルモンバランスは改善したように思います。
 
 また、ブログを読んでくださっている方から、
 水分と運動で代謝を上げたところ不妊治療がうまくいっている、
 とのコメントをいただいたので、
 5月以降はジムや半身浴以外の時にも水分を多く摂るようにしました。

 ただし、運動もせずに水分を過剰摂取するのは、
 身体に水が溜まるだけで身体を冷やし、逆効果となるようです。
 筋肉を増やし、血液循環をよくしながらの水分摂取に意味があるらしい。
 また、OHSSの方は水分を控えた方がいい場合もあるそうなので、
 医師にご確認くださいね。



【排卵誘発を変えてみる】

 2010年は全て低刺激誘発ですが、毎回少しずつ薬は強くなっています。
 そして、それに反比例して成績が悪くなっています。
 一方、2011年は誘発を全く行わない採卵方法で好成績だったので、
 卵巣機能が低下していたわたしの場合、薬が逆効果だと考えられるかもしれません。
 ただ、2010年と2011年では代謝が変わっているので単純比較できません。
 代謝改善をせぬまま単に誘発を替えただけでは、結果は同じだったかもしれません。

 ほとんどの方は誘発したほうが質の良い卵が数多く採れると思うので、
 決して完全自然周期が全ての方に合う訳ではないと思います。
 わたしは誘発をやめて成績が良くなりましたが、
 別の誘発を試されて上手くいく方もたくさんいらっしゃいます。
 いずれにしても、ひとつの誘発方法でうまくいかなくても、
 別の方法を試す価値はあると思います。

 ちなみに、完全自然周期は連日、午前・午後の採卵が可能なクリニックでないと、
 いい状態で採卵をするのは難しいかもしれません。



【食生活の改善】

 もともと、健康のために食事には気を使う方なので、
 以前より野菜、果物、小型の青魚、豆などを多く摂るようにしていました。
 2010年と2011年でそれほど違いは無いと思います。
 ただ、今年になってからは、
 ナッツ類(アーモンド、くるみ)と小魚を毎日食べ、
 アボガド、あまり食べていなかった卵も摂るように。
 減らしたのは(食パン・ロールパン、クロワッサン等)白いパン食です。
 代わりに玄米やコーンフレーク、精製度の低い粉のパンに。
 毎朝の珈琲(OR紅茶)の代わりに豆乳を飲み始めました。



【サプリ・漢方の摂取】  (葉酸以外は判定日まで)

 ビタミンEは2011年に入ってからですが、その他は以前から飲んでいます
 葉酸(400mcg)、ビタミンE(200I.U)、
 ピクノジェノール(60mg)、CoQ10(100mg)
 婦宝当帰膠を生理前~低温期のみ服用
 DHEAは医師の指導なく飲むのが怖くなり辞めましたが、
 その分、運動でDHEAが増えるというのを信じて運動の方がんばりました。
 正直、サプリ・漢方の効果のほどは分かりません。 肌の調子は良くなりました。



【その他】  (お灸は判定日まで)

 みなさんやっていらっしゃる、早寝早起き、腹巻、
 5月ころからは貼るタイプのお灸を気休めに毎日使っていました。

 それから、
 わたしは自力で身体を整えることを重要視していたので、
 鍼やレーザー等の施術には通いませんでした。

 治療にたくさんお金をつぎ込んできて経済的に余裕もなかったので、
 採卵とか移植とか自分でできないことは病院にお願いし、
 体質改善は極力お金を掛けず自分でやろう、
 というお財布事情も正直あったからなんですけれどね。
 (もちろんジム通いもお金はかかりますが、
  月に何回行っても一万円かからなかったので費用対効果は大きい)


いま思いつくのは、こんなところです。

以前、セミナーでセントマザーの田中先生も、
以下のようなことをおっしゃっていました。

 「まずは健康体を維持するために、
  汗を流して新陳代謝を良くすること、
  規則正しい食生活をすることが重要です。」


わたしも個人的には代謝を上げることの重要性を感じています。

まだ、わたしもこの先どうなるか分からない状況で、
このようなアドバイスめいたこと書ける立場でないことを承知の上、
ご質問もいただいていましたので早めに記事にしました。

  


スポンサーサイト

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

筋トレ&有酸素運動の効果

わたしはIVFを始める前から黄体機能不全と診断されていて、
基礎体温のグラフは典型的な「悪い例」でガッタガタ、
高温期(らしきもの)があったとしても、一週間程度。
ここ数年、薬の無い周期で高温期を保ち10日越えることなんてなかった。

それが、今月、本当に久しぶりにきれいな二層になっている。
しかも、高温期の体温がこれまでになく高い値を維持し、
妊娠でもしているかのような体温。
毎朝グラフをつけるのが楽しみになるくらいです。

この状況になった理由で思い当たることといえば、
4月からジムに通い始めたこと。
ちょうどホルモン薬を一切やめたタイミングで始めた
週3の筋トレと有酸素、そしてストレッチ。
家でもトレーナーに勧められたゴムバンドで内部の小さい筋肉を鍛えている。
ここにきて、その効果がメキメキとでてきたみたい。

筋肉が増えれば体温があがって免疫力も上がる。
そして、成長ホルモンが出て老化防止になる。(卵巣機能UP
目に見えて基礎体温に変化があるくらいだから、
身体にもイイ作用があるに違いない、もっと早く始めていれば良かった。
ジムに通う前にはストレッチ(ゆるいヨガ)には通っていたけれど、
ゆるすぎたのか、それでは効果が実感できていなかった。

以前ブログでちょこっと触れましたが、
筋力トレーニングや有酸素運動でDHEAの分泌量が増えるのだそう。
運動でナチュラルなDHEAもちゃんと増えていたらいいなぁ。
(自己判断で飲んでいたDHEAはやはり不安が残るのでやめていた)
参考URL⇒卵子、卵巣のアンチエイジングを考える

この基礎体温改善に比例して、
ホルモン分泌・卵巣機能が改善されているのだとしたら、
次の周期も、移殖前に完全自然で採卵できるかもしれない、と
ついつい、淡い期待を寄せてしまう今日この頃です。

ちなみに、見た目的なところで言うと、
ウエスト周りがスッキリして、二の腕が引き締まってきました。
あ、でも女性の場合はよっぽど本気で鍛えない限り、
ムキムキ にはなりませんので、筋トレを検討中の方はご安心を。
ジムに行く時間が無いわ、という方はウォーキングに加えて、
腹筋・スクワット、ダンベル・ゴムバンド(コレ使ってマス)などいかがでしょうか。


読んでいただき、どうもありがとう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
ブログランキング にほんブログ村
 



テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

卵には卵!毎日ひとつ卵を食べよう

わたしは 卵 ってあんまり好きじゃない。
今までは食べても週に1個か2個程度。
食べれないわけではないし、たまになら美味しいと思うんだけど。

以前何かで、
「卵の食べすぎは良くない。成人は1日1個まで」
なんていうのを見聞きして以来、
「良くない」って言葉ばかりが頭に残って、
そもそも好物じゃないから積極的に食べてこなかった。

でも、日経 woman online の特集記事によると

 「わずか1個の卵に、女性ホルモンのもとになる大切な栄養素をはじめ、
  良質なたんぱく質やミネラルがぎゅっと詰まっています。
  卵は女性の元気と美しさの源となる“天然サプリ”。」

なのだそうです。

 冷えや疲れやすさに悩む女性に足りないのが、たんぱく質。
 そこでお薦めなのが卵だ。九州大学の佐藤匡央准教授は、
 「卵は良質なたんぱく質源。脂肪酸、ミネラル、ビタミンも凝縮している。
 毎日1個は食べて」と話す。(中略)
 「卵にはコレステロールが多い」と心配する人もいるが、
 遺伝的な体質や病気で制限されていなければ問題ない。
  むしろ、女性ホルモンや細胞膜などのもとになるので、
 「不足すれば、月経不順や不妊など深刻な問題を招く可能性もある」


確かに、「完全栄養食」ってのは家庭科で習ったような。
長年、治療を続けてKLCを去年卒業したお友達からも、

 「usaちゃん、玉子食べてね」

と何度かアドバイスをもらっている。
彼女は雑誌で、銀座の有名クリニックの先生の記事を読んで、
いい卵子を作るには卵を食べるのが良いと知り、
やっぱりあまり得意ではないけれども毎日採るようにしたのだそう。
そして、めでたく今春出産予定。

ということで、わたしも最近がんばって食べるようにしています。
がんばっている、と言っても、
もっぱら「たまごかけごはん」で楽しているけれどもね。

いい卵子が採れない&卵はあまり食べていないな~という方、
健康のためにも1日1個食べてみませんか。


↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
 



テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

usα

Author:usα
結婚3年目の40才、
2009年転勤先の大阪でKLC系列クリニックにて治療開始、2010年東京に戻りKLCへ。一時期、JISARTメンバーのクリニックに転院しましたが、2011年5月またKLCに戻りました。
2011年7月、陽性判定をいただきました。
不妊治療履歴と費用はこちら
  last update 2011.7.29

最新記事

全ての記事を表示する


最近記事のRSS

カテゴリ
カレンダー & アーカイブ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
blog内検索


全ての記事を表示する

Links
加藤レディスクリニック
現在通院中の新宿のクリニック、
通称はKLC


 不妊治療はつらくない
加藤院長の著書

 もっと自然に!不妊治療
加藤院長/
竹原副院長の著書

JISART
日本生殖補助医療標準化機関。一時期こちらのメンバークリニック(都内)に通院していました。
ABC不妊治療Q&A百科事典
北九州のセントマザー産婦人科のページ。
医師が数々の不妊の疑問に答えています。
検索もできて便利、勉強になります。

妊娠しやすいカラダづくり
不妊改善ののためには、不妊治療の前に、
カラダの状態を整えることが重要。
ためになる特集やコラムが載っています。

AMH:
抗ミューラー管ホルモンを知ろう!!

「おち夢クリニック名古屋」運営のHPに
詳しい情報が掲載されています。クリニック発信の情報ですので参考になります。

ジネコ
不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド。掲示板が充実しています。
i herb.com
DHEAなどのサプリが安く個人輸入できます。
おすすめ商品
気休めかもしれないけれど、
愛用しているものです。




イスクラの婦宝当帰膠
(不妊&生理痛によい漢方)

せんねん灸 太陽
(火を使わないお灸)

Now社のピクノジェノール
(抗酸化作用のあるサプリ)

赤ちゃんができる!
ファータイル・ストレッチ
visitors
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。