スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



KLC【5】低刺激周期 費用明細

いつもならすぐ届くのに、
今周期はなかなか届かないKLCからの請求。

間違って他の家に配達されていないよね!?
と不安になって電話までしてしまいましたが、
心配ご無用、
本日、「加藤」と書かれたいつもの白い封筒が届きました。

今周期の体外受精費用です。

採卵~培養(2回目以降):160,000
胚盤胞培養(胚盤胞にならなかった場合): 35,000
薬・検査代(セロフェン、フォリスチム他): 25,170
消費税: 11,008
――――――――――――――――――――――――――
本日の請求額:231,178
既に払った採卵時消耗品代: 40,000
==========================
今周期費用合計: 271,178
KLCへのこれまでの支払総額:1,127,951

         
KLCに転院してから、ついに100まんえんを超えたけど、
KLCでは胚凍結にさえ、まだ一度もたどり着いていない。
コストパフォーマンス、とっても悪いです。 (タメイキ

でも、今後いつまで治療を続けるかについて、
夫と話しあい、既に結論が出ているので、
これが延々と続くことはないでしょう。
詳細は、後日ブログに書くつもり。

これまでの治療履歴と費用もアップデートしました。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓クリックでブログ応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ  にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
ブログ村 マタニティーブログランキングに参加中です


スポンサーサイト

テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

結果確認、そして今後

今日は、培養中のひとつの受精卵が、
胚盤胞になって、凍結ができたかどうか確認をする日。

そして、結果、
今回も凍結できなかった。

培養師の方にどの時点で分割が止まったのかを確認すると、
それは、2分割だった。

受精の翌日にはとまっちゃっていたんだね。

今周期は、わたしにとってはまるで、
「くたびれて、もう歩けない」と言っているお婆さんに、
「まだ止まるな、歩け!」と、鞭うっているような、
そんなことを何度も連想してしまう治療だった。
なかなか育たない卵胞を注射で無理に育ててきた。
かわいそうだったな、卵巣・・・。

そんな状況で正直あまり期待していなかったから、
残念な結果でもそれほど落ち込まないだろうと思っていた。
でも、そういうもんではないのでした、やっぱり。

分割停止が残念だったのはもちろんだけど、
今後もずっと先に進むことができないのではないか、
出産することはできないのではないか、 
治療の断念も現実的に考えなくてはいけないのではないか、
そんなことを考えてしまったら、涙が止まらなくなってしまった。

実は、今回ダメだったら違う誘発をしてくれる病院への転院も考えていた。
でも、実際にダメだったことを知ると、その気持ちにも迷いがでてきた。
これまでKLCでも低刺激なりに少しずつ誘発を強めてきたけれど、
結果はどんどん悪くなっているように思う。
KLCでできるだけ自然に近い形で採卵を粛々と続けるのがよいのか、
転院して、やったことのない誘発を受けてみるのが良いのか。
難しい・・・。

夕方になって、少し落ち着いて考えてでた結論は、

 今一番わたしに必要なのは卵巣の状態をきちんと知ること。

すぐに、「AMH抗ミュラー管ホルモン検査」の予約をした。
この検査結果で誘発方法を決めるクリニックも増えてきている。
次の周期のことは、結果が出てから考えることにします。

最後に。
昨晩のZEROで、野田聖子さんがおっしゃっていました。
10年にわたって受けた体外受精で、
採卵できなかった時、受精しなかった時、分割しなかった時…、
わたしたちと同様にその度にものすごく落ち込んだと。

 「心が折れて、
  でも機械的に立ち上がって治療に戻った」

心にずしりときた言葉です。

みんな同じ思いをして、不妊治療を受けているんだ。
わたしもちょっとひと休みしたら、立ち上がらなくっちゃ。


今日も読んでいただきありがとうございます。
↓クリックで応援いただけると元気出ます↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ  にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です


テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

電話確認って寿命が縮む

明日は凍結確認の電話の日。
順調に分割が進んでいれば、既に胚盤胞になっている頃か。

KLCでは、指定時間に電話をして、
胚の受精、分割、凍結など状況確認をすることになっている。

 「何日後の何時に電話確認してください」

こうピンポイントで時間指定されると、
その時をものすごーく意識してしまう。

そしてその時がきたらきたで、
電話つながるまでの時間とか、
繋がってからのやたらと長く感じられる結論までの時間(実際は短いのに)、
あの緊張感ったら、本当に心臓に悪い。

KLCの携帯メール呼び出しサービスみたいに、
ステイタスをリアルタイムで機械的に送ってくれたら、
もうちょっと気が楽なんだけど。
「受精しました」「分割しました」とか
「残念ながら今周期は終了です」とかね。
ダメならダメで、その時点で知りたいし。

まぁ、いくら心配しても、
結果は変わらないということを少し学んできたので、
今周期は今までに比べるとだいぶ気持ちは穏やかですけれど、

確率低いと分かっていても
やっぱりドキドキするものです。


今日も読んでいただきありがとうございます。
↓クリックで応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ


テーマ : 不妊治療
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

usα

Author:usα
結婚3年目の40才、
2009年転勤先の大阪でKLC系列クリニックにて治療開始、2010年東京に戻りKLCへ。一時期、JISARTメンバーのクリニックに転院しましたが、2011年5月またKLCに戻りました。
2011年7月、陽性判定をいただきました。
不妊治療履歴と費用はこちら
  last update 2011.7.29

最新記事

全ての記事を表示する


最近記事のRSS

カテゴリ
カレンダー & アーカイブ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
blog内検索


全ての記事を表示する

Links
加藤レディスクリニック
現在通院中の新宿のクリニック、
通称はKLC


 不妊治療はつらくない
加藤院長の著書

 もっと自然に!不妊治療
加藤院長/
竹原副院長の著書

JISART
日本生殖補助医療標準化機関。一時期こちらのメンバークリニック(都内)に通院していました。
ABC不妊治療Q&A百科事典
北九州のセントマザー産婦人科のページ。
医師が数々の不妊の疑問に答えています。
検索もできて便利、勉強になります。

妊娠しやすいカラダづくり
不妊改善ののためには、不妊治療の前に、
カラダの状態を整えることが重要。
ためになる特集やコラムが載っています。

AMH:
抗ミューラー管ホルモンを知ろう!!

「おち夢クリニック名古屋」運営のHPに
詳しい情報が掲載されています。クリニック発信の情報ですので参考になります。

ジネコ
不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド。掲示板が充実しています。
i herb.com
DHEAなどのサプリが安く個人輸入できます。
おすすめ商品
気休めかもしれないけれど、
愛用しているものです。




イスクラの婦宝当帰膠
(不妊&生理痛によい漢方)

せんねん灸 太陽
(火を使わないお灸)

Now社のピクノジェノール
(抗酸化作用のあるサプリ)

赤ちゃんができる!
ファータイル・ストレッチ
visitors
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。